トップメッセージ

株主・投資家の皆様へ


株主の皆様には、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。


株式会社ビーロットは、設立時より、不動産及び不動産金融分野において社会に価値を与えるビジネスを創出し、社会から求められる企業として利益の追求と長期継続的な成長を目指して参りました。
平成29年を振り返りますと、北朝鮮情勢の緊迫化など海外経済は地政学リスクにさらされる状態が続いております。
一方、国内経済では、政府による金融政策により企業収益や雇用情勢の改善が続き、景気は回復基調をみせております。 当社グループが属する不動産業界におきましても、マイナス金融政策による市場活性化が長く続いており、都市部の地価は上昇し、今後も市況は堅調に推移することが見込まれています。
当社グループにおきましては、平成26年のマザーズ上場以来、長期にわたって成長することを目指し、積極的な営業活動を行ってまいりました。
不動産投資開発の分野では、再生案件のみならず新築プロジェクトにも尽力し、続々と竣工を向かえております。 このような環境の下、当社は平成30年2月2日より東証第一部へ市場変更することとなりました。
これもひとえに株主の皆様、お客様、お取引先様をはじめとする多くの皆様のご支援、ご高配の賜物と心より感謝申し上げます。
東証第一部の企業として、今まで以上に「安定性」を確保しつつ、同時に「成長」への意欲も持って、更なる事業の拡大と企業価値の向上が達成できるよう努めて参ります。

平成30年、当社はおかげ様で設立後、満10年を迎えます。
株主の皆様には、今後も変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。



代表取締役社長  宮内 誠



このページのトップへ戻る